こんにちは。Gibsonです。

 

今やYoutubeを知らない人はいないという程の媒体となりましたが、

その知名度と共にYoutubeを使った”動画投稿ビジネス”が拡大してきています。

 

この記事をご覧のあなたも少なからず、動画投稿ビジネスに興味をお持ちなのでしょう。

 

Youtubeを使った動画投稿ビジネスは「動画を投稿するだけで簡単に稼げる」と謳われていますが、

実際のところどうなのかという視点からお話していきます。

 

今回は、インフォトップのランキングで上位表示されている

『Youtube トレンドマーケティング MUGEN』の辛口評価・レビューをしていきます。

 

 

まずは、販売者情報等から。

 

販売社名:株式会社move

運営統括責任者:岡田崇司

所在地:大阪府大阪狭山市茱萸木3-1311-1 グレース101号

販売URL:http://ytm-mugen.info/ytm.pdf

(特定商取引法による表記より引用)

 

アフィリエイト商材「下剋上∞(無限)」でもお馴染みの

『岡田崇司』さんが販売している「Youtubeで稼ぐための情報商材」です。

 

岡田崇司さんは「バナナデスク」さんという名前?ペンネーム?で有名ですね。

 

「下剋上∞」は初心者向けの情報商材としてかなり売れたようですが、

「Youtubeトレンドマーケティング∞」は買う価値がるのでしょうか?

 

Youtubeへのお手軽動画投稿ビジネスは稼げるか?

Youtube市場は拡大していることをアピールしていますが、

Youtubeで稼ごうという人たちにとっては、嬉しくない情報があります。

 

それは、

Youtube市場が拡大している一方で、Youtubeアドセンスによる”報酬単価は下がっている”

という事実です。

 

岡田崇司さんは、この「Youtubeトレンドマーケティング∞(MUGEN)」を販売する前に、

「Youtubeトレンドマーケティング」という商材を販売されていました。

 

そのときは、しきりに200万円の報酬が得られたことをアピールされていましたが、

この200万円を稼いだ時がおそらく2013年です。

 

その当時は、報酬単価の平均値が0.1円程度だったのかもしれませんが、

現在は0.05円程度が平均値になっている可能性があります。

 

単純計算ですが、報酬単価が半分になれば、

200万円稼げていたものが100万円になるということですね。

 

セールスレターでは、安定した不労所得になるかのように書かれていますが、

この報酬単価の変動具合だけを見ても、安定した収入になるとは到底思えないのですが・・・

 

広告を出す企業がいくら出してくれるかにも因るみたいですので、

報酬単価というのは、季節によっても変動したりするようです。

 

で、私が調べた限りでは、報酬単価が良い人で0.2~0.3円。

 

Youtubeビジネスを始めたばかりのあなたが、この報酬単価を得られることがあるでしょうか?

 

お金を出しているのは、企業です。

あなたが、社長さんだったとして、知名度もない人の動画にたくさんお金を払うでしょうか?

 

ローリスクで始めることは可能だが・・・

Youtube動画投稿ビジネスは、確かにローリスクで始められます。

Youtubeに動画を投稿する設備さえあれば、始められますから。

現状では、スマホだけでも持っていれば、動画投稿ビジネスは始められますしね。

 

ただ、報酬単価が下がってきている今、この動画投稿ビジネスにどの程度魅力があるでしょうか?

 

報酬単価が下がっているということは、動画をたくさん投稿しないと稼げないということです。

 

視聴数が爆増するかどうかもわからない動画作成を必死で行うことは、

会社の呪縛と状況は同じではないでしょうか?

 

結局、多大な労力を使うだけでは・・・?と思ってしまいます。

 

返金保証の条件はかなり厳しい

返金保証が付いているから、安心!と思ってはいけません。

返金保証は、「どうすればお金が戻ってくるのか?」までを確認しないと。

 

で、「Youtubeトレンドマーケティング∞」の返金保証の条件を見てみると、

返金保証内容の冒頭で、

購入から180日間経ってご購入代金以上稼げなかった場合

とありますが、その下の条件は

①180日間実践したYouTubeのチャンネルURLまたはYouTubeに動画をアップしたスクリーンショット(1日1動画)

②180日間の報酬画像

と書かれています。

 

②はいいとして、問題は①です。

 

180日間実践するというのは、180日間動画を投稿し続けないといけないようです。

つまり、「1日1動画投稿」し、それを「180日間実践」しないといけない・・・

 

180日間も動画投稿を実践できる人がどれくらいいるでしょうか?

 

しかも、210日以内に申請しないといけませんので、

210日後ギリギリに返金申請するとして、

7日間(1週間)のうち、6日間は動画投稿をしている必要があります

 

Youtubeでの動画投稿ビジネスに興味を持っている人は、サラリーマンの方など、

他に本業を持っている方が多いと思います。

 

専業でもない人が1週間のうち、6日間も動画投稿をすることができるでしょうか?

普通に「無理」としか思えません!

 

返金保証は付いていないのと同じですので、お気を付けください。

こんなしょうもない騙しに引っかからないでくださいね。

 

こんなに厳しい返金保証を付けないといけない程、

「Youtubeトレンドマーケティング∞」を実践しても稼げないということでしょう。

 

Youtubeトレンドマーケティング∞の内容

セールスレターの中に、以下の記載があります。

あなたは、クオリティの低い動画を投稿して稼げたとして楽しいと感じられそうですか?

 

また、一時的に稼げたとしても、そのうち稼げなくなるのは目に見えています。

 

「Youtubeトレンドマーケティング∞」による動画投稿での報酬は、

「Google」からもらえるのです。

 

「Google」という企業は、”ユーザーを第一に考える”ことを明言しています。

 

Googleが如何にユーザー第一主義を掲げているかの例を示しますね。

例えば、最近は検索でしょうもないサイトは、検索上位に表示できなくなってきているのです。

これは、Googleのポリシーが変化し、”ユーザー第一”をさらに重視してきているからに他なりません。

 

ということは、現状ではクオリティーの低い動画で稼げたとしても、

近い将来、Googleのポリシーが変わり、稼げなくなることは目に見えていますよね?

 

また、今は、「途中でスキップできない30秒以上の広告を使うことで稼ぐことができている」みたいですが、

Googleは、「2018年から30秒以上の広告は廃止する」と明言しています。

 

これも”ユーザー第一”というGoogleのポリシーの現れの1つです。

 

ちょっと調べてみただけでも、

明らかに動画投稿ビジネスで稼ぐのが難しくなっていく状況が感じ取れます。

 

まとめ

アフィリエイト商材でひと稼ぎしたバナナデスクさんが

更なる報酬を求めて作った商材のように感じ取れます。

 

実質的には、返金保証がないも同然ですので、購入は慎重になるべきです。

 

Youtubeへの動画投稿で、お手軽に副収入が得られそうとお考えの場合は、

一度冷静になって考えてみて頂ければと思います。

 

「Youtubeトレンドマーケティング∞」を購入検討中のあなたの一助となれば、幸いです。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

バナナデスクさんの他の有名商材のレビューもしていますので、良ければ見て帰ってください。

下剋上(MUGEN)でアフィリエイトを始めることをお勧めできない理由!レビュー・辛口評価

 

以下のリンクから、本ブログの記事一覧がご覧頂けます。

⇒コンテンツ一覧